シンドウ ミツコ    SHINDO Mitsuko
   進藤 美津子
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
   職種
特命教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/09
形態種別 単行本
標題 新生児・幼小児の耳音響放射とABR―新生児聴覚スクリーニング、精密聴力検査、小児聴覚医学、小児神経学への応用―
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 診断と治療社
巻・号・頁 73-78頁
総ページ数 184
担当範囲 第Ⅰ部の「2.検査の目的と原理、検査の実際」の「12)聴覚行動発達と聴性行動反応聴力検査」を担当。
著者・共著者 (全体概要)
新生児聴覚スクリーニングでは聴性脳幹反応(A
ABR)、耳音響放射(OAE)、精密聴力検査ではクリック刺激によるABR、ティンパノメトリー、歪成分耳音響放射、聴性定常反応(ASSR)という各種の他覚的聴力検査と同時に、聴性行動反応を観察する聴力検査を行う。本書では各検査法と、新生児・幼少児の聴覚障害の全体像を分かり易く解説している。

(担当部分概要)73頁~78頁(進藤美津子)

共著者:加我君孝、竹腰英樹、進藤美津子、他22名
概要 乳幼児の発達特性を考慮し、乳幼児の聴性行動反応を観察することにより、必要な周波数ごとに聴力閾値を評価する検査法について解説し、乳幼児のコミュニケーション発達質問紙の有用性について説明している。