カネコ トモコ    KANEKO Tomoko
   金子 朝子
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻 博士前期課程
 
国際文化研究所 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
特任教授
発行・発表の年月 1998/04
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 Pause, Fluency and Proficiency Level
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (697号)
概要 スピーキング能力をポーズと流暢さを基準として測定することの可能性を探った。ポーズには低い相関性は見られたが、ともに確実な尺度として単独では用いられない。(『英語学論説資料32 1998年(平成10年)分 第6分冊 英語教育』論説資料保存会発行に再録)