モリ ヒロヒデ    
   森 博英
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻 博士前期課程
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/06
形態種別 その他
標題 日本大学経済学部における「英語コミュニケーション」の現状と今後の展望
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 日本大学経済学部
担当範囲 共同研究につき、本文担当部分抽出不可能(全22頁)
著者・共著者 伊藤典子・笠貫葉子・加藤嘉津枝・Barry Natusch・森博英
概要 英語新カリキュラムの「英語コミュニケーション」の成果を検証するためにダイアローグテストとTOEFL-ITPをそれぞれ2回、アンケート調査を1回実施した。ダイアローグテスト及びTOEFL-ITP共に低得点層が減少し高得点層が増加するという傾向が見られた。また,教員・学生共に、この科目についてポジティブなイメージを持っていることがわかった