トヨダ チアケ    TOYODA Chiake
   豊田 千明
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
現代教育研究所 所属教員
   職種
准教授
発行・発表の年月 2005/03
形態種別 学術雑誌
標題 翻刻・真田幸弘四十・五十賀集『にひ杖』『わかみとり』
執筆形態 共著
掲載誌名 長野市教育委員会『松代』
巻・号・頁 (18号),53-67頁
著者・共著者 伊藤善隆・井上敏幸・玉城司・西田耕三。
概要 平成16年度科学研究費補助基盤研究(A)(1)「幕末期より明治初期にかけての肥前・肥後における歌学・漢学及び文事に関する研究」(研究代表者九州大学教授 上野洋三)による研究成果。信濃国松代藩六代藩主真田幸弘の和歌、漢詩、俳諧資料『にひ杖』『わかみどり』(真田宝物館蔵)の翻刻。本書は、幸弘の四十賀、五十賀に際して編まれた集で、知友や家中、家中の家族の和歌、俳諧、漢詩が収められている。同館にはこの他六十賀、七十賀(既に翻刻済み)の祝賀集、2000名に達する作者達についての記録、また編纂過程を知りうる諸資料が残されている。これらの資料の整理を通して、諸大名・儒学者・漢詩人達との交渉の具体相も明らかになる。幸弘の交友関係を知る基礎資料。また、ハレの場で人々はケの世界とは異なる振る舞いをし、表現するものであるが、本稿では、そのハレの世界において行われた四十・五十賀の寿ぎの国語表現を取り上げ、その表現の持つ言霊の意味を考える素材とした。