ツルオカ アケミ    TSURUOKA Akemi
   鶴岡 明美
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/03
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 国立公文書館蔵『新編武蔵風土記』挿図についての考察(二)―支配者の側から見た実景の表現―
執筆形態 単著
掲載誌名 『人間文化論叢』
掲載区分国内
出版社・発行元 お茶の水女子大学人間文化研究科
巻・号・頁 9,1-1-1-10頁
概要 『新編武蔵風土記』挿図の実景表現を幕藩権力との関わりという視点から捉えた研究。作中において、権力の中枢にある江戸城を取り巻く市街、「御府内」を描く図がほとんど見られない、飛鳥山の眺望図が、当地を描く他の作例と比較して遊楽の光景を排除している、といった「支配する側」から発信された視覚イメージの特質についての指摘を行った。