ツルオカ アケミ    TSURUOKA Akemi
   鶴岡 明美
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 寛政期黄表紙挿絵における、文字を用いた擬人化の考察
執筆形態 単著
掲載誌名 『武蔵野美術大学研究紀要』
掲載区分国内
巻・号・頁 (45),137-149頁
概要 山東京伝『心学早染草』を端緒とする、文字を用いた擬人化の表現について再び取り上げ、その母胎となった発想を先行作例に求めるとともに、式亭三馬『天道浮世出星繰』を始めとする、こうした文字表現を継承した後の作例を紹介、それらの多くが擬人化された文字の生き生きとした描写よりも、事象の説明的描写に向かったことを指摘。