ツルオカ アケミ    TSURUOKA Akemi
   鶴岡 明美
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/03
形態種別 その他
標題 写山楼と足立―舩津家資料が結ぶ二つの地域―
執筆形態 単著
掲載誌名 「美と知性の宝庫 足立―酒井抱一・谷文晁とその弟子たち―」展覧会図録
掲載区分国内
出版社・発行元 足立区立郷土博物館
巻・号・頁 11-17頁
概要 江戸後期の画家、谷文晁とその弟子たちの絵画活動についての究明を試みる。諸文献を再検討して文晁の画塾「写山楼」の所在地の推定を行うとともに、文晁の弟子舩津文渕の子孫に伝わる粉本類を分析、その特質について、文晁自作の粉本が含まれる可能性を指摘するとともに、「文権」の署名を有する粉本が文晁の養子、文一の子である二世文一の手になる可能性について言及した。