イハラ トモアキ    IHARA Tomoaki
   井原 奉明
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/09
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 ヴィトゲンシュタイン論Ⅰー『論理哲学論考』まで(1)ー
執筆形態 単著
掲載誌名 「学苑」668
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 19-26頁
概要 『論理哲学論考』を<閉じた言語と主体>の視点から探る研究。「はじめに」に続けて、19世紀から20世紀初頭にかけての知的状況を思想史的背景として述べ、ヴィトゲンシュタインとフッサールの思想を比較考察する可能性を探った。