イハラ トモアキ    IHARA Tomoaki
   井原 奉明
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/11
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 絶対的現在と相対的現在
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (805),1-8頁
概要 ウィトゲンシュタインの前期考察は、『論考』から『哲学的考察』まで根本的な変化を見せない。しかし、『論考』では言及されないのに、『哲学的考察』にだけ取り上げられているテーマが存在する。時間論や直接経験については、そのようなテーマである。この小論では、『哲学的考察』の時間論を念頭におきながら、『論考』において前提とされている時間論を浮き彫りにし、なぜ『論考』では沈黙せざるを得なかったのか、『哲学的考察』においてなぜ語り始めたのか、そしてその思考はどのような方向へつながっていくのかを、絶対的現在&相対的現在という方法概念を使って明らかにした。
ISSN 1348-0103