イシイ マサコ    ISHII Masako
   石井 正子
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
現代教育研究所 所属教員
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/06
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 インクルーシブ教育の進展と合理的配慮―統合からインクルージョンへのパラダイムシフトー
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
掲載区分国内
巻・号・頁 (932),2-16頁
概要 「統合教育」と「インクルーシブ教育」の違いについて、教育現場での理解が十分になされてはいない。「障害児」と「健常児」を分け、教育の場において両者の統合を行なおうとする「統合教育」と、多様な人間の存在を前提に、さまざまな子どもたちを分け隔てることなく、それぞれのニーズに合わせて教育を行なおうとする「インクルーシブ教育」は、似て非なるものである。また、インクルーシブ教育は、同年齢の子どもたちが学校生活の中で同じ時間に同じ教室で過ごすことのみでなく、生涯を通じて地域社会の一員としてさまざまな人と共に暮らすこと、すなわち「コミュニティ インクルージョン」につながる教育である。