フクダ ジュンコ    FUKUDA Junko
   福田 淳子
   所属
人間社会学部 現代教養学科
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999/04
形態種別 単行本
標題 「『片腕』論ー母胎回帰幻想の物語としてー」(『川端文学の世界3その深化』)
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 勉誠出版
巻・号・頁 201-222頁
総ページ数 303
著者・共著者 石川巧、片岡豊、前田久徳、馬場重行、古閑章、城殿智行、久米依子、服部康喜、羽鳥徹哉、谷口幸代、マシュウ・ミゼンコ(田村鈴蘭訳)
概要 (全体概要)『川端文学の世界』は、川端康成生誕百年を記念して企画された全5巻の論文集。1巻から3巻までは、川端作品を発表年代順に並べた作品論。その第3巻。
(担当部分概要)タイトルは「『片腕』論ー母胎回帰幻想の物語としてー」。後期作品に属する短編小説「片腕」について、同時代評および研究史を辿り直した上で、これまで論じられることのなかった新たな問題として、作品が内包する子宮性・母胎性ということを指摘、物語全体を母胎回帰幻想として読み解くことが可能であることを示しながら、テーマである主人公〈私〉の“孤独”の意味について論じたもの。