ミネダ アケミ    MINEDA Akemi
   嶺田 明美
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
文学研究科 日本文学専攻 博士前期課程
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/08
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 接続詞「だって」の談話における機能
執筆形態 共著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (826),13頁
著者・共著者 冨田由布子
概要 原因や理由説明の接続詞「だって」は、談話においては文末に多く「~じゃないか(じゃん)」を伴い、共有情報を明示して、立場の正当化を図り念押しをすることがよく見られる。一方、小説などでは、文末には多く「もの(もん)」が使われ、「もの」が持つ「一般性」の意味用法を明示することで、対立相手に対して自分の立場を認めてもらいたいという「甘え」が現れている。そのほか、文末の「から」「よ」「ね」などと共起して、「だって」によって立場の正当化をせまる機能があることを述べた。