イマイ ミキ    IMAI Miki
   今井 美樹
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
 
現代教育研究所 所属教員
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/03
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 1882(明治15)年創立の赤堀割烹教場における調理教育と女性の活躍
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (845号),42-57頁
概要 本研究は赤堀割烹教場の調理教育の状況を女性の社会的活躍という視点から捉え,近代日本の女性が民間の調理教育において社会的に活躍していくことの意味に言及している.本研究の目的は,第1に,赤堀割烹教場に学んだ女性が調理教育を職業的に生かし,社会的に活躍をしている状況を明らかにすること,第2に,赤堀割烹教場で学び,社会で顕著な活躍をしている女性の調理教育への携わり方を明らかにすること,第3に,近代日本の女性が民間の調理教育において社会的に活躍していくことの意味を明確にすることである.研究方法は,資料をジェンダー視点で精査し分析を行い,考察することである.その結果,3点の知見を得た.第1は,赤堀割烹教場で学び,社会で顕著な活躍をし,職業的に生かしている女性は,赤堀家の峯吉の長女菊(喜久),三代目峯吉の妻美知の他には,亀井まき子がいたことである.第2は,赤堀割烹教場関係者の女性たちが大きな社会的活躍をしているが,当時の社会の制約のなかで,峯吉という男性の傘のもとに活躍しているということである.第3は,赤堀割烹教場で学ぶことによって,「調理教育の場」は,女性が学ぶことができるだけではなく,調理教育によって力をつけた女性が職業的能力を発揮することができる場ともなっていったということである.