ヒロタ タク    HIROTA Taku
   廣田 拓
   所属
国際学部 国際学科
 
人間文化学部 国際学科
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 民主主義の深化の過程における新しい公共空間の創出:1990年代のアルゼンチンの経験から
執筆形態 単著
掲載誌名 ラテンアメリカ研究年報
巻・号・頁 (第25),59-86頁
概要 本論文では、アルゼンチンにおける市民社会が民主化過程に果たす役割を分析した。1990年代のメネム政権のアルゼンチンは、その民主主義の内実から「委任型民主主義」と類型化されていた。しかし、同時期の社会勢力に着目すると、市民社会による異議申し立てや問題提起、権力の監視という諸実践から、アルゼンチンの市民による「公共空間」の創出過程にあると論じた。つまり、市民社会の政治化は、民主主義の深化にポジティブな影響を与えていることを見出した。