ネモト ハルヨ    NEMOTO Haruyo
   根本 治代
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/03
形態種別 その他
標題 「学齢期の知的障害児をもつ家族-その生活障害とソーシャルワークの支援-」
執筆形態
掲載誌名 修士論文全90頁
出版社・発行元 未発行
巻・号・頁 1-90頁
概要 障害児の家族研究における動向、家族支援をめぐる諸問題を検討し、学齢期の知的障害児をもつ家族支援の重要性とその意義を提示した。家族支援には、知的障害児と家族がもつ「生活の支障性」を、生活していくうえでの社会との接点で展開される「生活のしづらさ」と理解し、その構造を把握することの必要性を示したうえで、学齢期の知的障害児をもつ親の会に所属する17名の母親に半構造化質的インタビューを実施した。その結果、家族のもつ生活障害として、①学齢期における母親の役割負担,②家族の円環的ストレスの状況,③家族が抱くスティグマ感の3点を提示した。