フフ バートル    HUHBATOR .
   フフバートル 呼和巴特爾
   所属
人間社会学部 現代教養学科
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
国際文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
発行・発表の年月 1998/05
形態種別 学術雑誌
標題 「内蒙古」という概念の政治性 
執筆形態 単著
掲載誌名 『ことばと社会』(「地名の政治言語学」)
出版社・発行元 三元社
巻・号・頁 (1号),41-59頁
概要 「内蒙古」と「外蒙古」は清朝のモンゴル支配により生まれた地域名である。しかし、1911年に清朝が滅び、「外蒙古」が独立した以降、「内蒙古」という呼称は本来のネガティブな意味を失い、ポジティブな意味に転じた。この論文では清朝以降の内モンゴルの歴史から、「内」はゴビの南のモンゴル全土の統一を象徴し、「内」なしの「蒙古」は、この地域の分断と離散を意味するものであったことを明らかにした。これは中国領内に分布するモンゴル民族の現状による指摘でもあるが、内モンゴルの近代史に関わる一時的資料の分析から生まれた筆者独自の見解である。