フフ バートル    HUHBATOR .
   フフバートル 呼和巴特爾
   所属
人間社会学部 現代教養学科
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
国際文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/02
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 MongGul-un sonin bicig (1909-1918)というモンゴル語定期刊行物 ―― モンゴル語定期刊行物史における位置づけと所蔵状況 ――
執筆形態 単著
掲載誌名 『学苑』(人間社会学部紀要)
出版社・発行元 昭和女子大学 近代文化研究所
巻・号・頁 (№ 892),39-56頁
概要 MongGul-un sonin bicig(蒙古新聞)は1909年5月から1918年12月までハルビンで刊行されていたモンゴル語の定期刊行物。はじめは雑誌で、1912年9月から新聞になった。モンゴル民族の独立運動にとって重要なメディアであったためモンゴル近代史の研究でよく知られている。本文は筆者が1995年1月に一橋大学大学院社会学研究科に提出した博士課程後期「単位修得論文」の一章「過度期の定期刊行物に垣間見る民族独立と民族の分断――MongGul-un sonin bicig という定期刊行物――」に基づく。内容自体は2009年3月にモンゴル国国立中央文書館、2013年9月にアメリカのインディアナ大学図書館、2014年9月にロシア連邦のサンクトペテルブルグにある諸資料館での調査の成果によるところが多く、次のような構成をしている。一、日本外務省の資料に見るMongGul-un sonin bicig。 二、MongGul-un sonin bicigの名称と世界各地での所蔵状況。三、編集者としてのハイサン(海山)をめぐって。四、MongGul-un sonin bicigの評価と刊行目的。