テラシマ マサコ    TERASHIMA Masako
   寺島 政子
   所属
国際学部 国際学科
 
人間文化学部 国際学科
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/05
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 ケルビン・ハマーとケルビン・ハマー
―これはケルビン・ハマーのお話ではありません ―
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑 総合教育センター・国際学科特集
掲載区分国内
出版社・発行元 昭和女子大学 近代文化研究所編
巻・号・頁 (919),15-23頁
概要 スイスを代表する作家ペーター・ビクセルが1999年に発表した『ケルビン・ハマーとケルビンハマー』という作品は、作品の構成と内容がシンメトリックになっている。それはタイトルにも現れているが、そのシンメトリックな構成と意味を一つずつ明らかにし、作家の意図を考えていく。そのビクセルの作品が触発されたのは、ベルギーを代表するシュルレアリズムの作家ルネ・マグリットの絵である。