ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Coleus forskohliiエキス中の肝シトクロームP450誘導物質の推定
執筆形態 共著
掲載誌名 応用薬理
掲載区分国内
巻・号・頁 82(5),67-73頁
著者・共著者 横谷馨倫, 千葉剛, 佐藤陽子, 窪田洋子, 渡邉泰雄, 村田容常, 梅垣敬三
概要 Coleus forskohliiエキス(CFE)中の肝シトクロームP450(CYP)誘導物質について検討した。CFEを溶媒により4分画し、それらの画分のCYP誘導作用を、マウスのin vivo評価系および肝マイクロソームを用いたin vitro評価系で検討し、CFE中に含まれるCYP誘導物質を推定した。肝重量/体重比は、CFE画分群の中で画分1群が最も高値であった。肝CYPの総量、CYP2B、CYP2C、CYP3Aの活性は、肝重量/体重比とほぼ同様の変化を示した。肝重量/体重比のCYP含量や各CYP活性には、ほぼ同様の変化を認め、有意な正相関を示した。分画していないCFE、画分1、2、3は、それぞれ濃度依存的にCYP3A活性を阻害し、画分4は阻害作用を示さなかった。画分4においてCYP阻害活性がなかったことは、in vivoにおいてCYP誘導作用を認めなかった結果とよく一致した。