ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 薬剤師、栄養士、一般人のサプリメント利用行動と意識の実態に関する検討
執筆形態 共著
掲載誌名 臨床栄養
掲載区分国内
巻・号・頁 111(5),675-684頁
著者・共著者 佐藤陽子, 星山佳治, 小島彩子, 橋本洋子, 中西朋子, 遠藤香, 梅垣敬三
概要 健康食品等に対する認識や、その利用行動に影響を与える意識について、薬剤師、栄養士、そのほかの一般人の相違を明らかにし、その問題点を把握するための予備調査としてアンケートを実施した。「健康食品」という言葉から想起される食品形態には「野菜やくだもの」から「カプセル、錠剤、粉末」まで含まれ、個人差があることが明らかとなった。サプリメント利用者の割合は、男女の薬剤師と20〜40代の女性栄養士では一般人と同程度で、サプリメントの利用に対し、薬剤師は一般人と同様かやや肯定的な傾向がみられた。一般人においても、専門職である薬剤師や栄養士においても、利用してもよいと考えるサプリメント素材とそれらのエビデンスレベルに一定の傾向は認めなかった。サプリメント利用行動に影響を与える要因は、サプリメントに対する肯定的な態度との関連が大きかった。