ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1991
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 四塩化炭素投与ラットの肝臓過酸化脂質の増加と血清過酸化脂質の低下並びにそれに対するビタミンEの投与効果
執筆形態 共著
掲載誌名 ビタミン
掲載区分国内
巻・号・頁 65(1),23-29頁
著者・共著者 ◎梅垣敬三, 黒川雅人, 三枝ひろみ, 市川富夫
概要 ラットにCCl4を2500 mg/kg 1回投与,また200 mg/kg 9日間連続投与したときの血清過酸化脂質レベルの変化,その肝臓過酸化脂質レベルとの関係,並びにE投与の効果を検討した.1) CCl4の投与により肝臓Thiobarbituric Acid reacting substances (TBARS)値の増加,肝臓のTGの蓄積が起こり,血清GOT, GPTも上昇した.しかし,血清TBARS値は低下した.CCl4の連続投与実験では血清脂質の低下も認められた.これらの結果は,CCl4投与による肝臓TBARS値が血清TBARS値に反映されないことを示唆した.2) E(酢酸DL-α-トコフェロール,80 mg/kg)の同時投与は,CCl4による肝臓TBARS値の増加を抑制した.また,E投与はCCl4 200 mg/kg連続投与による血清GOT, GPT活性の上昇を抑制した