ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
食健康科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
研究支援機器センター 所属教員
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1990
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 ペンタクロロベンゼン(PECB)の代謝,蓄積と肝薬物代謝酵素系に対する食餌制限の影響
執筆形態 共著
掲載誌名 食品衛生学雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 31(3),227-232頁
著者・共著者 ◎梅垣敬三, 市川富夫
概要 ラットにPECBを経口投与後,飼料の自由摂食群,25%制限群,50%制限群に分け8日間飼育した.食餌制限群では脂肪組織重量が著しく低下した.PECB投与2〜4日目のPECBとその代謝物ペンタクロロフェノールの血液中の濃度は食餌制限した群で高く,解剖時の血液,肝臓,腎臓,脳,脂肪組織中のPECB含量は食餌制限をした群で有意に低下した.肝薬物代謝酵素活性には著しい変化がなかった.以上の結果は,食餌制限によりPECBの蓄積部位である脂肪組織重量が低下し,これにともなって肝薬物代謝酵素の基質であるPECBの血液中,肝臓中の濃度が増加し,PECBの代謝産物の生成量が増加したことを示唆している