ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
食健康科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
研究支援機器センター 所属教員
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1985
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 高血圧による血小板機能の変化(8) 脳卒中発症時および高血圧の持続に伴う疲弊血小板の出現
執筆形態 共著
掲載誌名 動脈硬化
掲載区分国内
巻・号・頁 13(1),85-88頁
著者・共著者 ◎梅垣敬三, 井上泰秀, 富田多嘉子
概要 高血圧重症度の異なる高血圧自然発症ラットを用い,脳卒中は飲料水中に食塩を混じて誘発せしめ検討した.高血圧の長期持続により,また脳卒中発症時,疲弊血小板が循環血液中に出現した.それは,高血圧重症度が高い程より早い時期に認められ,組織学的に血管傷害が認められる時期とよく一致した.以上のことは,疲弊血小板の指標となる血小板Serotonin含量は,同時に血管傷害の指標にもなり得ることを示唆している