トモノキヨフミ    TOMONO KIYOFUMI
   友野 清文
   所属
総合教育センター 所属教員
 
女性文化研究所 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/01
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 男女別学論の現在 「自己理解(総合科目)」授業ノート
執筆形態 単著
掲載誌名 青山スタンダード論集
出版社・発行元 青山学院大学 青山スタンダード教育機構
巻・号・頁 (8),119-144頁
概要 男女共学・別学論を考える前提として、男女共同参画社会基本法に関わる「性差」「特性」についての国会での議論(審議)を検討した。性差をどう捉えるかについては様々な立場があるが、性差があるからこそ、平等とは何かを問うことが重要であることを確認した。性差を固定的な性役割に直結させる議論は差別であると言える。