タケヤマ エミコ    TAKEYAMA Emiko
   竹山 恵美子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
発行・発表の年月 2005/01
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 食物繊維のアルミニウム結合能に及ぼすpHの影響
執筆形態 共著
掲載誌名 日本家政学会誌
巻・号・頁 Vol.56(No.1),23-29頁
著者・共著者 福島正子・佐藤理栄・竹山恵美子・松本 孝
概要 共同研究につき本人担当部分抽出不可能アルミニウムの体外排泄の可能性を調べるために,ヒト胃pH条件下での食物繊維とアルミニウムの結合特性について検討した。13種の食品からProsky変法により抽出したIDF,SDFはアルミニウムを結合したが,粘性を有するアロエSDFで極めて高い値を示した。pHを2.0にするとほとんどの試料でアルミニウム結合量は著しく低下した。高,中,低粘度のアルギン酸ナトリウムのpHを酸性側にすると粘度、アルミニウム結合量ともに著しく減少した。このことからアロエ等粘性を有する食物繊維のアルミニウム結合には,化学的結合の他、物理的吸着が関与している可能性が高いことが示唆された。