タカハシ マナブ    TAKAHASHI Manabu
   高橋 学
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/02
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 ソーシャルワーカーの守秘義務と秘匿特権に関する研究序説(1)
執筆形態 共著
掲載誌名 『学苑・人間社会学部紀要』
出版社・発行元 昭和女子大学
巻・号・頁 (892),70-82頁
著者・共著者 荻野太司
概要 日本における守秘義務の原則について臨床的観点と法的観点から論じた。日本における社会福祉士法においては守秘義務が述べられているが、その限界とジレンマについて論じる。バイスティックやリーマーも法的手続きの許す限りクライアントの秘密を保持することを述べている。しかしその法的というのは刑事訴訟上の専門職の秘匿特権の学説と民事訴訟上の専門職の秘匿特権についての学説を述べる。日本においては社会福祉士には不明確であることから倫理的ジレンマとの関連性について言及した。