カラスダニ トモコ    KARASUDANI Tomoko
   烏谷 知子
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
文学研究科 日本文学専攻 博士前期課程
 
近代文化研究所 所属教員
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/01
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 息長帯比売命と品陀和気命の伝承―「喪船」と「易名」を中心に―
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (879),1-15頁
著者・共著者 なし
概要 仲哀記の息長帯比売伝承には、誕生した品陀和気命を喪船に乗せ、忍熊王を計略にかける場面がある。「赴喪船將攻空船」は読みが定まっておらず、御子が喪船に乗る意味も定まっていない。喪船は仲哀天皇の殯と響き合い、天照大御神の石屋戸隠りの再生のモチーフと重ねられている。また角鹿での名易えは、気比大神から穀物神の力を授けられ、天つ神の御子となり、伊奢沙和気大神と大帯日子淤斯呂和気命の和気を継承して新しい王者となる意味をもつ。一連の説話は天照大御神の禊による誕生と天の石屋戸隠りからの復活・再生という二度の誕生と重ねて説かれている。