イイノ ヒサカズ    IINO Hisakazu
   飯野 久和
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 腸内細菌叢検索における試料保存法がDNA解析に与える影響の評価
執筆形態 共著
掲載誌名 学苑
掲載区分国内
出版社・発行元 昭和女子大学
巻・号・頁 (938),26-31頁
担当範囲 全般にわたる共同研究
著者・共著者 桝田和彌、青木萌、寺澤紗希、飯野久和
概要 一般にDNAをターゲットにしたヒト腸内菌叢解析では凍結保存糞便サンプルから抽出・精製後、PCR反応により増幅し用いられる。その調製に用いられる糞便サンプルの凍結条件は―20℃保存で良いとの認識がある。特に最も使用される調製キットの説明文書においても-20℃保存サンプル使用との記載のみで、その保存条件下でのDNA安定性は示されていない。本報では氷結状態及びその溶解熱によりDNA安定性に影響が考えられることから