ワタナベ ユタカ    
   渡邊 寛
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 NHK連続テレビ小説に表れる男性役割――時代的な変遷,登場人物の年代,女性主人公との関係性による差異――
執筆形態 共著
掲載誌名 社会心理学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 34(3),162-175頁
著者・共著者 ◎渡邊寛・城間益里
概要 昨今,伝統的な性役割を否定する人が増加し,男性役割も多様化している。本研究は,男性役割の9側面を用いて,日本のテレビドラマである,NHK朝の連続テレビ小説(以下,朝ドラとする)における男性像に関して,時代的変化と登場人物の年代,女性主人公との関係性による差異を検討した。その結果,壮年男性では,60年代・70年代の「他者への配慮」から,80年代・90年代の「社会的地位の高さ」,00年代・10年代の「家庭への参加」へと変化した。若年男性では,90年代の「作動性の高さ」から,10年代の「女性への気遣い」へと変化した。このほか,女性主人公の夫・元夫や異性友人・恋人において,「女性的言動の回避」,「女性への優位性」,「女性への気遣い」が多く,女性主人公の兄弟や息子,隣人において「精神的・肉体的な強さ」や「強さからの解放」が多かった。日本における社会的変化を踏まえて,これらの結果が考察され,今後の展望が議論された。