キムラ アヤノ    KIMURA Ayano
   木村 あやの
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
専任講師
発表年月日 2006/11
発表テーマ 時間的制約が基本6表情認知に及ぼす影響
発表学会名 日本心理学会第70回大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 福岡県
発表者・共同発表者 木村(番場)あやの・上村保子
概要 基本6表情の認知において,時間制限(1000ms)あり条件となし条件に表情刺激への対応率と,注視部位に差があるか検討した。その結果,どちらの条件でも各表情への対応率は同様であった。加えて,時間制限がある場合は表情の口にはほとんど停留点が見られなかったことから,表情判断には目や眉の情報がより重要と考えられる。だが一方,女性恐怖表情において,予め提示時間が限られていることを教示した条件では,制限のない条件で驚きと判断されたのに対し,嫌悪という判断がなされていた。
(共同研究につき,本人担当部分抽出不可能)