キムラ アヤノ    KIMURA Ayano
   木村 あやの
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
専任講師
発表年月日 2007/03
発表テーマ いじめをテーマとするビデオの視聴体験が特性共感,感情特性,表情認知に与える効果(3)
発表学会名 日本発達心理学会第18回大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 埼玉県
発表者・共同発表者 木村(番場)あやの・登張真稲・大山智子
概要 共感性育成プログラム実施前後で表情のカテゴリー判断実験を行ったところ,男性「恐れ」と女性「悲しみ」表情において,プログラム実施後の方が認知される強度が強く評定されていた。表情カテゴリー判断実験を繰り返すと,表情から認知される感情強度が弱まるという知見があるにも関わらず強度が強まったことから,プログラム実施による影響がみられたと推測される。
(共同研究につき,本人担当部分抽出不可能)