ユルリ マコト    YURURI MAKOTO
   緩利 誠
   所属
総合教育センター 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
   職種
准教授
発表年月日 2016/10
発表テーマ アクティブラーニング理論-「学びの行為」と「教えの行為」の脳認知科学から-
発表学会名 第13回子ども学会議
主催者 日本子ども学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 静岡大学浜松キャンパス
発表者・共同発表者 仁木和久・緩利誠・榊原洋一
概要 アクティブ・ラーニングは「行為の学習」の脳認知科学理論で説明できることを提案し、アクティブ・ラーニング型授業において、教師の「教えの行為」が促進する「生徒の主体的学び」とは何かを考察した。