ユルリ マコト    YURURI MAKOTO
   緩利 誠
   所属
総合教育センター 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
   職種
准教授
発表年月日 2021/02/07
発表テーマ 「学びの行為」を支えるEnactive Brainを知り、学びを自己成長、そして教育を考える
発表学会名 日本子ども学会第17回子ども学会議(学術集会)
主催者 日本子ども学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 仁木和久・緩利誠・内海緒香・岩野孝之・安藤寿康
概要 人間知能の新パラダイムを支える脳モデルである Enactive Brain (積極的・活動的な脳)を新しい観点から再構築し、学習や教育へ適用することを提案した。具体的には、感情(内蔵感覚を含む)や身体(運動&感覚)をも含めた形で、人間本来の学び(アクティブ・ラーニング)を実現する脳の条件と学びの諸特性を明らかにした。