ナガヤ マキコ    NAGAYA Makiko
   長屋 真季子
   所属
グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
専任講師
発表年月日 2016
発表テーマ Endogenous Time Preference and Exhaustible Resource Use
発表学会名 INFORMS Annual Meeting 2016
主催者 The Institute for Operations Research and the Management Sciences
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 単独
開催地名 Nashville, USA
概要 エネルギー資源問題は産業構造に大きく影響を受ける.そこで, 本稿では,Stone-Geary 効用関数の考え方を導入し,資源動学を再検討した.
Stone-Geary型効用関数とは,複数の,それぞれ最低限の必要消費水準を持つ消費を考え,それらの結合をコブ=ダグラス型関数で考えるものである.これによって,基本消費財と上級財の区別や選択を明示的にモデル化することができるものである.この考え方を通して,従来の資源利用の動学と比較し、考察を行った。