ウチダ アツコ    UCHIDA Atsuko
   内田 敦子
   所属
生活科学部 環境デザイン学科
   職種
専任講師
発表年月日 1999/09
発表テーマ 「日本の気候とガラス建築の形態分析に関する研究(その1)-単純集計によるガラスの使われ方-
発表学会名 1999年度日本建築学会大会(中国)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 広島
発表者・共同発表者 内田敦子、佐野武仁、山口 温
概要 視覚的な美しさの面で注目され急増しているガラス建築であるが、その透明性から室内空間の光環境・熱環境は外部環境の影響を受けやすく、光や熱をとりいれるときはその量的コントロールが必要となる。また、ガラス建築は、ガラスの美しさと機能としての意匠的美しさが一体化したとき、優れた建築が創造できると考えられる。そこで日本国内におけるガラス建築の形態を分析し、現代のガラス建築の問題点を知ると共に、ガラス建築の将来性について研究をおこなった。