カノウ テルマサ    KANOH Terumasa
   加納 輝尚
   所属
グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科
   職種
准教授
発表年月日 2018/06
発表テーマ 実務家教員のニーズ調査について(日本ビジネス実務学会 第37回全国大会 実務家ワーキンググループ報告)
主催者 日本ビジネス実務学会
学会区分 全国学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
単独共同区分 共同
開催地名 徳島文理大学
発表者・共同発表者 ◎大島武、坪井明彦、和田佳子、加納輝尚、樋口勝一、堀口誠信、見舘好隆
概要 多くの実務家教員の研究上の課題は主として、研究手法、論文の書き方等であった。教育面では、授業運営、シラバス/ルーブリックに関する課題等を抱え、セミナーや相互教授の機会の支援する声があった。本学会は、ビジネス現場における経験則と学術的な考察を融合させながら発展してきたため、その意味で実務家教員は重要な存在である。この調査を端緒に、今後より多くの実務家教員を惹きつける仕掛けづくりをすることが課題である(共同研究発表につき本人担当部分抽出不可能)。