マツダ シノブ    MATSUDA Shinobu
   松田 忍
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
近代文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
准教授
発表年月日 2014/03/06
発表テーマ 生活をめぐる戦時と戦後 ―「安積得也日記」を読む―
発表学会名 Chonbuk Natonal University SSK Personal Document Reaearch Office, Institute of Rice,Life & Civilization ・ BK21+Program, Dept. of Archaeology and Cultural Anthropology International Conference
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 韓国・全北大学
概要 全北大学を中心とする研究チームSSKとBK(Brain Korea)21プログラムの共同開催による国際会議"Modernization and Diary in East Asia"にて、研究報告をおこなった。「安積得也日記」の解読より得られた知見を中心に報告し、新生活運動を研究する意義を、日本近代史としての意義、日本戦後史としての意義、アジア研究における意義の3点に要約して述べた。