ヤマモト ナルオ    YAMAMOTO Naruo
   山本 成生
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
   職種
准教授
発表年月日 2012/07/21
発表テーマ 「ボエティウス復活:ルネサンスの音楽思想」
発表学会名 地中海学会例会
主催者 地中海学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 国立西洋美術館
概要 ボエティウスの「音楽教程」(510年頃) は、中世において絶大な影響力を誇った音楽理論書である。本報告では、その影響の内実を、彼が提唱する「三つの音楽」の概念(「天体の音楽」「人間の音楽」「楽器の音楽」)を軸に考察した。その結果、中世の音楽理論家たちは比較的自由にボエティウスの概念を捉えており、その理解の仕方はその時々の音楽や彼らの関心に左右されていた点が明らかにされた。