ヤギ ヨシヒロ    
   八木 良広
   所属
人間社会学部 現代教養学科
   職種
助教
発表年月日 2008/05
発表テーマ ヒロシマをめぐる語りの磁場をめぐって―ライフストーリー研究の一つの試み
発表学会名 関西社会学会第59回大会
主催者 関西社会学会
学会区分 地方学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
単独共同区分 単独
開催地名 愛媛
発表者・共同発表者 八木良広
概要 このシンポジウムは、被爆というできごとをめぐり硬直した言説空間を揺るがせ、被爆がもたらす<意味>の現在に新たな楔を打ち込む社会学的な実践の可能性を探るために開かれた。2人の研究者と1人の新聞記者が報告した。申請者は近年盛んに行われている被爆体験の継承活動の可能性と問題点を、一人の被爆者のその活動に関する意識を参照軸にしながら明らかにした。