ミナイ タカヒサ    MINAI Takahisa
   藥袋 貴久
   所属
グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
准教授
発表年月日 2017/09/02
発表テーマ スイッチOTC普及への期待と課題:「一物二価」を超える途/消費とマーケティングの視点から
発表学会名 日本ヘルスケア学会 第1回年次大会
主催者 日本ヘルスケア協会/日本ヘルスケア学会
学会区分 全国学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
単独共同区分 単独
開催地名 東京大学弥生講堂(東京都文京区)
発表者・共同発表者 藥袋貴久
概要 健康寿命の延伸は、社会的費用の圧縮を通じた公的サービス削減化戦略の主軸であり、低コストで社会的成果を挙げることが要請される。スイッチOTC薬は、セルフメディケーションの有力カテゴリであり、候補となる医療用医薬品選定の議論が中心であったが、生活者視点の議論は極めて少ない。顧客視点に立つと、普及の阻害要因として、同一の医療用医薬品でありながら、処方薬かスイッチOTC薬であるかによって、店頭で負担する価格が異なる「一物二価」の財としての性格が生じ、これを如何にマーケティングするかが重要となる。本報告後、パネルディスカッションを行った。