カネコ トモコ    KANEKO Tomoko
   金子 朝子
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻 博士前期課程
 
国際文化研究所 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
特任教授
発表年月日 2020/11/22
発表テーマ 「小学校外国語活動・外国語」指導書の英語語彙と動詞の~ing形について
発表学会名 JASTEC 第28回九州沖縄研究大会
主催者 KASTEC 九州沖縄支部
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 佐賀県佐賀市立図書館
発表者・共同発表者 金子朝子
概要 小学校外国語活動ならびに外国語授業で用いられる英語語彙の量と質を、Let's Tray 1&2,We Can 1&2 に基づいて作成したコーパスを使用して分析した。中学年での総復習も含めた繰り返しが多いLet's Try 2からWe Can 1への移行時に、総語数とTTRが下がる以外、WordSmithで分析した各学年で触れる総語彙数、異なり語、並びにTTRも、またWord Level Checkerで分析した語彙レベルも学年が上がるに従って伸びている。中でも~ing形の使用が目立ち、これまで中学校後半で学んでいた動名詞の様々な用法や現在分詞に至っては形容詞用法や分詞構文にも触れることがある。これまでの中学校からの文法に基づいた学びではなく、自分の考えや意見を伝えるコミュニケーションに必要な表現をitemとして学んでおり、中学校以降でのruleとしての学びへと適切に連携を行うことが重要となろう。