コニシ カナエ    KONISHI Kanae
   小西 香苗
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
准教授
発表年月日 2019/05/19
発表テーマ 壮年期男女における世帯収入と食品群別摂取量及び主要栄養素摂取との関連
発表学会名 第73回日本栄養・食糧学会大会
主催者 日本栄養・食糧学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 静岡県 静岡市
発表者・共同発表者 武藤杏子,村松宰,広田直子,百武愛子,小西香苗
概要 所得、教育歴、職業など社会経済的要因が、健康状況、生活習慣、食習慣へ与える影響が多数報告されている。本研究では、世帯収入が食品群別摂取量及び主要栄養素摂取に与える影響を明らかにすることを目的とした。
調査対象者は首都圏、関西都市圏、長野県に位置する4年制私立大学に通う自宅通学生の両親とした。生活習慣・食習慣調査およびBDHQ(簡易型自記式食事歴法質問票)を用いてエネルギーおよび栄養素摂取量、食品群別摂取量を算出した。分析対象項目の回答に不備のなかった1241名を本解析対象とした。
世帯収入が高い者ほど間食・外食頻度が高く、習慣的な運動頻度および健診受診率が高く、経済的な理由で食物の購入を控えた経験が有意に少なかった(P<0.01)。食品群別摂取状況と世帯収入の関連では、世帯収入が低いほど穀類、砂糖及び甘味類において有意に多く、豆類、野菜類、果実類、きのこ類、藻類、魚介類、乳類、嗜好飲料類において有意に少なかった。
世帯収入が低い者は健康に有益な食品の摂取量が少ない一方で、穀類の摂取が多く主食中心の食生活であることが示され、世帯の経済状況が健康的な食生活に影響を与えていることが示唆された。