イハラ トモアキ    IHARA Tomoaki
   井原 奉明
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
教授
発表年月日 2013/07/23
発表テーマ We need summary and sequential scanning ---a case study in Japanse---
発表学会名 19th International Congress of Linguists
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 単独
開催地名 Geneve, Switzerland
概要 In this paper the author demonstrates the theoretical plausibility of summary and sequential scanning, two modes of cognitive processing postulated by Langacker. He would support the theory by showing some of linguistic evidence in English and Japanese, although there is more to be improved than Langacker would expect. First examples; noun of multitude. The second example is about quantifier float. Third, Japanese particke "ni" and "de".