カスヤ ミサコ    KASUYA Misako
   粕谷 美砂子
   所属
人間社会学部 現代教養学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
   職種
准教授
発表年月日 2010/05/29
発表テーマ アンペイドワークの評価をめぐる国内外の動向と新たな社会的評価手法の位置づけ
発表学会名 (社)日本家政学会 第62回大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 広島大学東広島キャンパス
発表者・共同発表者 天野晴子、伊藤純、粕谷美砂子、齊藤ゆか、水野谷武
概要 本報告の目的は、アンペイド・ワークをめぐる評価と試算の展開を、アンペイド・ワークにかかわる政策との結びつきに焦点をあてて検討するとともに、これらにおける社会的評価手法の位置づけを明らかにすることである。
 結果としては、社会的評価の試算では、アンペイド・ワークの総合評価点が高い家事労働アイテムは、「育児・教育」、「身体介護」、「介護に伴う家事」社会的活動アイテムは、「高齢者・障害者への日常的な手助け」、「緊急災害支援活動」等であった。