セヌマ ヨリコ    SENUMA Yoriko
   瀬沼 頼子
   所属
人間社会学部 現代教養学科
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
近代文化研究所 所属教員
   職種
教授
発表年月日 2020/08/27
発表テーマ 価値共創プロセス視点からみる中山間地域の文化・社会的企業活動の展開
発表学会名 2020年 生活経営学部会50周年夏季セミナー
主催者 日本家政学科生活経営学部会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京
発表者・共同発表者 粕谷 美砂子 瀬沼 頼子
概要 本研究の目的は、中山間地域の過疎農村における地域住民と交流・ 関係人口によって成り立つ、多様な地域資源及び主体を「価値共創プロセス視点」から再考し、価値の再評価に繋げることである。 対象地域は、典型的な中山間地域である京都府南丹市旧美山町(以下美山町)とした。先行研究・資料の収集と検討に加え、2019 年 11 月と 2020 年 3 月に、美山町での現地視察と、京都府南丹広域振興局及び森の京都 DMO における担当者へのヒアリング調査を実施した結果から報告を行った。
結果・考察、美山町は、今後は観光資源だけに頼ることなく、持続性の保持に向け地域一体となった取り組みとなる文化・社会的企業活動が注目され、継続的な活動が実施されている組織が注目される。その点において、2回のヒアリングにより美山まちづくり委員会が、持続的な地域づくりに不可欠な存在であることが明らかであった。