タケヤマ エミコ    TAKEYAMA Emiko
   竹山 恵美子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
発表年月日 2005/08
発表テーマ Effects of Al, Ca and K on Dietary Fiber – Fe Binding
発表学会名 ARAHE Singapore 2005
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 シンガポール
発表者・共同発表者 共同発表者:福島正子・竹山恵美子・新海シズ・松本孝
概要 共同研究につき本人担当部分抽出不可能Feの生体吸収に及ぼすDFとAlやCa, Kの影響について検討した。pH3.5において、10種のIDF,SDFと金属イオンを結合させた場合,FeはAlより結合しやすかった。さらにKやCaと競合してもFeとDFとの結合にはほとんど影響を及ぼさないと考えられる。このことからFeはAl, Ca, Kに比べ,DFの影響を受けやすく(FeとDFの結合により生体に吸収されにくくなる),またFeの存在量がAlの吸収率に影響を及ぼす可能性が示唆された。