タケヤマ エミコ    TAKEYAMA Emiko
   竹山 恵美子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
発表年月日 2006/05
発表テーマ パイナップルに含まれるブロメライン酵素の活性抑制について
発表学会名 日本家政学会第58回大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 共同発表者:福島正子・竹山恵美子
概要 共同研究につき担当部分抽出不可能パイナップルに含まれるブロメライン酵素はゼラチンを分解するため,活性の抑制が必要である。そこで生パイナップルの特性を活かしたゼラチンぜりーの作成を目指し,電子レンジによる加熱と、アスコルビン酸処理,およびその併用による酵素活性抑制の方法について検討した。その結果、両者の併用による効果が認められた。