タケヤマ エミコ    TAKEYAMA Emiko
   竹山 恵美子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
発表年月日 2014/05/24
発表テーマ マウスのエタノール代謝における柿茶成分の影響
発表学会名 日本家政学会第66回大会
主催者 一般社団法人 日本家政学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 北九州国際会議場
発表者・共同発表者 ◎福島正子・宮城朋果・細谷光咲・竹山恵美子
概要 アルコールの過剰摂取で起こる二日酔いには,アルコール代謝過程で生成されるアセトアルデヒドが関係している。ICRマウスに柿茶抽出濃縮物を投与後,エタノールまたは水を投与し,血中のアセトアルデヒド量を測定した。柿茶投与群の血中アセトアルデヒドは対照群に比べ低下する傾向が認められ,アルコール摂取前の柿茶摂取がアセトアルデヒドの生成抑制に有効であると考えられた。