タケヤマ エミコ    TAKEYAMA Emiko
   竹山 恵美子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
発表年月日 2017/05/27
発表テーマ グリーンナッツオイル摂取が老化促進モデルマウス(SAM)の認知機能に及ぼす影響
発表学会名 一般社団法人日本家政学会 第69回大会
主催者 一般社団法人日本家政学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 奈良県奈良市
発表者・共同発表者 竹山恵美子、新海シズ、渡辺睦行、福島正子
概要 グリーンナッツオイルに期待される認知症予防効果について、老化促進モデルマウス(SAMP8とSAMR1)を用い検討した。4週齢および16週齢の雄性マウスを3群に分け、グリーンナッツオイル(GNO)・カノーラオイル(CAO)・コーンオイル(CO)を添加した飼料で飼育した。飼育中、初期(群分け前)・中期・解剖直前の3回、Y字迷路試験を行ったところ、いずれも認知能力の低下が示唆された。GNO摂取により生体内のγ-toc.量は増加した。各器官におけるDHA量はCO群よりGNO群が高値になり、アラキドン酸量はCO群の方が高い値を示した。以上のことからGNOは認知機能低下の抑制に有効である可能性が認められた。