イハラ トモアキ    IHARA Tomoaki
   井原 奉明
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
教授
発表年月日 2016/11
発表テーマ 英語の世界 日本語の世界
主催者 日立第二高等学校
会議区分 その他
講演区分 講師
単独共同区分 単独
概要 英語と日本語、それぞれの言語表現の特徴について認知言語学の観点から講演した。認知言語学では、言語現象に対し従来「そうなっているからそうなのだ」という説明しか与えられなかった根拠を、「なぜそうなっているのか」示そうとする。まず、日本語でも英語でも共通の特徴を示し、その理由が普遍的な事態把握の方法にあることを説明した。次に、日本語と英語の違いを取り上げ、事態把握の方法に基づく違い、「なる」と「する」の違い、「もの」と「こと」違い等の項目別に、違いを生み出す根拠を説明した。